img_02

白い歯は今や常識かホワイトニングの現状

テレビに映る多くの芸能人や元スポーツ選手など、様々なジャンルの有名人が歯のホワイトニング治療をしていると分かります。
インプラントかもしれませんが白くツヤツヤと輝きを放っています。


かかりつけの歯科医いわく元々の歯の色が黄色い人は虫歯になりにくく、白い人は虫歯になりやすいと聞いたことがあります。

しかしこの話は20年近く前の話ですので、今はその歯科医の考え方も変化しているかもしれません。

ホワイトニングの東京の比較の情報はここで調べよう。

できる事なら歯並びの良い白い歯でいたい、そうなりたいと思う人々は多く、最近では芸能人に限らず一般の人々も実際に腕や評判の良い審美歯科を探して治療を受ける事が多くなりました。

ホワイトニング方法ですが実に種類豊富で、1回で全ての歯を真っ白にする方法から徐々に白くして行く方法、真っ白にはせずに本来の自然な歯の色に戻す方法などです。ホワイトニングの方法のほとんどがホワイトニング剤を使い白くするか、レーザーなどのライトを照射して白くします。


折角白い歯を両親からもらったにも関わらずチェーンスモーカーになってしまった私は、本来の歯の白さには戻りたいという希望はあります。



喫煙する、しないに関係なく年齢による歯の色の変化もあるので、歯もアンチエイジングの時代です。
注意点ですが、神経の無い歯は白くなりにくい、色の戻りが早い、薬剤がしみるという人もいるため、白い歯を目指してホワイトニングする場合は知識と良い結果を出した経験を兼ね備えた歯科医を探すことが最初の課題になるのです。